Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   3 comments   0 trackback

勇気

始まりこそは、ほんの小さな謙虚さであったとしても、喝采を浴びている内に大きな思い上がりの気持ちとなり、手に余る。

気が遠くなる程の繰り返しを経て深く刻まれた年輪は払いがたく、手放しがたい。

どんな理想を描いたらいい?
どんな未来を描いたらいい?
どんな想いで生きていけばいい?

欲望は自我に固執している現れ。
欲望は自らを捨て切ることの大切さからの乖離に拍車をかけるのみ。

集団を組まないと感じる孤独。
一人を恐れる仕組みを見つめる。

自らが土台となることの強さ。
自らが土台となることの大切さ。
自らが土台となることの喜び。


喝采を放棄し、そっと手を差し伸べる勇気。
スポンサーサイト

Comment

ぱん says... ""
勇気という言葉をもっても足りないくらいの覚悟ある気持ち。シンプルに大切なものを大切にしたいという心を信じていければどれだけ気持ちが落ち着くかな。他人はかえられなくても組織はかえられるんではないだろうか…願望も含めて。
あたしもきっと同じ事を想い同じ選択をし、同じ行動をするよ。仲間だ。
2010.11.02 11:05 | URL | #9K64Lzaw [edit]
経済原論 says... ">ぱんさん"
覚悟・・・確かにまだまだ足りないです。
組織を変えることにも相当の覚悟が必要だし、それ以前に今の環境にいることにそれなりの覚悟が必要です。
久し振りのコメント、ありがとうございます。
2010.11.08 17:55 | URL | #- [edit]
tomoyax says... ""
覚悟という言葉はとことん自分に追い詰められる言葉・・・
なぜ、自らが鼓舞するのかって、それは自分が成し遂げたい夢を実現したいから・・・その夢の実現の為にいつしか覚悟を踏むのか。

夢は自分を追い込むものにならず、夢は新しい自分を生み出す力になるもの・・・土台となる今は、土台から踏み出す次なるステージがあるのだと。
久しぶり!私のブログ遊びに来てね
http://ameblo.jp/hanaakari-spa/
2010.11.16 02:01 | URL | #1nE4PKW2 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://galaxy313.blog6.fc2.com/tb.php/68-6213db30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。