Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   4 comments   0 trackback

失ってはいけないもの

凄く単純な事だけど、一番大切な事。
人として失ってはいけないもの。
それは、「ありがとう」、「ごめんなさい」。
日々の行動の中で、悪いことをしたと思ったら「ごめんなさい」。
相手に言ってるけど、同時に自らにも言っています。
日常の生活の中で、助けられたなぁと思ったら「ありがとう」。
相手に言ってるけど、同時に自らにも言っています。
これは、内側を磨かなければできない事。
これは、外側を装ってもできない事。
これは、凄く単純な事。

目に見えるものだけを大事にするのでは、きっと大切な事の半分にも気付けない。
目に見えないものも大事にするからこそ、全ての物事、人に対する感謝の土台へと繋がる。

難しくしているのは何だろうか?

今この瞬間に起こる全てに対して、笑顔で「ありがとう」、反省の心で「ごめんなさい」と言える人になる為に、自分自身を磨かなければいけない。

本当に必要なもの、それは、「ありがとう」、そして、「ごめんなさい」。
もっと心から気付かないと何も変わらない。

スポンサーサイト
Posted by 経済原論   4 comments   0 trackback

『鏡』

『鏡』には、ありのままの姿が映し出されます。
脚色、演出等は一切通じず、ただ淡々と真実の姿のみ映し出します。

自我に固執している姿。
全てを受け入れてどこまでも明るく歩んでいく姿。
相手の事を嫌い、心から相手の不幸を念じる自らの姿。
相手の事を想い、心から相手の幸せを祈る自らの姿。
感謝の心を忘れた姿。
森羅万象に対して感謝の心でいっぱいの姿。

どんな顔をしていますか?
どんな心をしていますか?
どんな姿が映し出されますか?

どんな時も鏡に映る自らを省みることが大切なこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。