Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   3 comments   0 trackback

勇気

始まりこそは、ほんの小さな謙虚さであったとしても、喝采を浴びている内に大きな思い上がりの気持ちとなり、手に余る。

気が遠くなる程の繰り返しを経て深く刻まれた年輪は払いがたく、手放しがたい。

どんな理想を描いたらいい?
どんな未来を描いたらいい?
どんな想いで生きていけばいい?

欲望は自我に固執している現れ。
欲望は自らを捨て切ることの大切さからの乖離に拍車をかけるのみ。

集団を組まないと感じる孤独。
一人を恐れる仕組みを見つめる。

自らが土台となることの強さ。
自らが土台となることの大切さ。
自らが土台となることの喜び。


喝采を放棄し、そっと手を差し伸べる勇気。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。