Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   2 comments   0 trackback

芽吹く命

何故、厳しい寒さがあるのか。

何故、険しい道筋があるのか。

心地良い程に流れる意図とは背中合わせに、不可抗力なまでの利害に埋もれてゆく。

抵抗すればする程、目の前の感謝は姿を隠し、負の輪廻が手に余り自らでは抱えきれず放り出す。

我を立脚点とすることにより、ありとあらゆる理不尽は縦横無尽に連なっていく。

自らを立てたい心を捨て切ること。



春の前に、冬があるという事実。

冬の後にこそ、暖かい春が控えていることを心で知る。

寒さに震えていても、やがて暖かさに救われる。

傷を負っていても、いずれ痛みは和らぎ、穏やかさへと導かれる。


厳かなる凍結の彼方にこそ、暖かい春が控え、小さな樹木の芽が出はじめる。

その原理を否定するか、肯定するかは、自らにて決めるべきこと。


スポンサーサイト
Posted by 経済原論   0 comments   0 trackback

奇蹟

寒暖の差を繰り返し、確実に春への訪れを与えてくれる季節の恵み。

冬の寒さを経験しているからこそ、春の暖かさに心がほぐれ自然と笑みがこぼれる。

人間は欲深い生き物。
自らの欲望を満たす為に、何かを追い求める。

追い求めるという事は、在るという事実を遠ざける。

手が届くところには無いからこそ追い求める。

はじめから手が届いていたら、誰も追い求めることはしない。

幸せを感じたいのならば、幸せを追い求めるのではなく、幸せだと感謝すればいい。

すでに与えられている事に気付いた時、誰に強制されるまでもなく感謝に心を委ねることができる。

最初から在ることに気付き、その事に対して、心穏やかに謙虚に感謝するだけ。


手を伸ばさずとも、今ここに在る奇蹟。


Posted by 経済原論   0 comments   0 trackback

共に歩む

どのような人生を送ろうとも、今という一瞬を悔いなく生き抜いたならば、生かされたことに感謝できる。

事柄の善悪、損得を中心とした立ち居振る舞い、経済という価値観のみを前面に出したところで、大切なことの中心を見失うのみ。

偽りの通じない鏡を前にして、ありのままをさらけ出すことを避け、自らを脚色し続けてきた。

そのような事実ですら、相対を経験する為に必要だった。

これから先の未来において、それを引き継ぐ必要はない。

自らの周りに存在する全ての物事の土台になる心を持ち、今という一瞬をただ一生懸命生きる。

誰が偉い、誰が凄い、誰が貢献している、そんな事はどうでも良い。

誰かと生きる、一人で生きるのではなく、皆と共に生きる。

Posted by 経済原論   0 comments   0 trackback

傲慢

愚かだと知りながら、無駄だと知りながら、たった1つの真実に辿り着くまでの間輪廻を繰り返す我の心。

それは飽きる程、呆れる程、狂おしい程に繰り返す。

我は、自らが発信源であるが故にすり抜ける隙間を知りつくし、巧みに姿形を変えて忍び寄り傲慢という心に拍車をかけていく。

何故、こんなに複雑に絡み合い、感謝という心から離れさせるのだろうか。

傲慢に埋もれている自らに気付かない限りは、欲望の闇に沈み込み感謝の心は姿を隠す。

1人では一瞬たりとも生きることはできない。
1人では一瞬たりとも存在することはできない。

生きているという傲慢が心を曇らせ、育まれていることの記憶を奪い去る。

生きているのではなく、生かされているということ。
傲慢から来る苦しみを手放し、生かされていることへの感謝に心を委ねる。


自らが幸せだと感じる一つの事実。

あなたが幸せだから、俺も幸せです。

「ありがとう」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。