Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   2 comments   0 trackback

器(うつわ)

現実逃避、できればしたくはないけど、してしまう自分がいる。

誰もいない場所、そこには見渡す限り草原が広がっている。
空は雲ひとつ無い青空。
時折、心地よい風が体をすり抜けていく。
遠くには山々が連なり、湖も見える。

終わりのないトンネル。
その先に待っている世界はそんな優しい世界であってほしい。
心安らぐ場所であるように。


望むものは何も無い。
自分の地位、他人からの好意的な評価、社会人としてのレベル、職場環境。
結局は全部自分の『我』。
その『我』に固執したならば、様々な感情が自分の心を埋めつくしていく。
『我』を捨てていかなきゃいけない。
きっと自分の器を小さくするだけだから…。
スポンサーサイト

Comment

まめとも says... "No title"
器から溢れた時、はじめてあたらしい器ができるのかもしれません。
まるで筋トレみたいに、適したサイズになるように。

私の会社の女マネージャーが身の程しらずという言葉があるが、身の程に起きることは、その人の身の程を上げる機会だと言っていました。

器って・・・そんなときこそ大きくなるのかな・・・
考えさせられる。

2009.01.18 00:01 | URL | #1nE4PKW2 [edit]
盆栽 says... ">まめともさん"
「身の程知らず」…なるほど。
考えさせられます。
確かに自分の器はそんな時に大きくなるのかもしれないですね。
その方は本当に素敵な方ですね☆
1人の人間として色々とお話を伺ってみたいです。
2009.01.18 22:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://galaxy313.blog6.fc2.com/tb.php/10-97bbd8ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。