Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   4 comments   0 trackback

海。
果てしなく広くて深く、どこまでも青が続いている。
寄せては返す波。
海はいつでも違う波を作り出している。
同じ波は1つもない。
それでも海は何度も波を作り出す。

嬉しい時、楽しい時、辛い時、苦しい時、人の生きる道には様々な時間が存在している。
どんなに辛くても、どんなに苦しくても何度だって立ち上がれるはず。

永遠に繰り返す波のように。

スポンサーサイト

Comment

まめとも says... "No title"
海の波にはのってしまえばどこまでもいってしまうし、逆に呑まれてしまうこともある・・・・
すべてを呑込む力はとてつもないね。でも、どっちの波もかぎ分けることができたらもっとすごいね。

海を見て、静かな時も激しい時も音をしっかりと聞いて海を見つめていく時間・・・そんなじっとする時があるといいね。

俺もそんな海を大事にします。
2009.01.26 00:21 | URL | #1nE4PKW2 [edit]
ぱんっ[i:63903] says... ""
そんな波を作り出す海だって、地震という環境によって津波という脅威にもなる。石油船座礁により回復できないほど汚れたり。
海が海であるためには、周りの環境も見逃すことはできないと思ったなぁ。
2009.01.27 18:59 | URL | #- [edit]
盆栽 says... ">ぱんっさん"
海が海であり続ける為に、そして、自分が自分であり続ける為に、周りの環境はとても大切だと感じます。
何があっても変わらない自分でいたいと思うのですが、環境の力の凄さを改めて感じています。
2009.01.28 01:54 | URL | #- [edit]
盆栽 says... ">まめともさん"
静かな時も激しい時も音をしっかり聞いていく…
そんな聞き分けることができる人になりたいです。
何があっても揺らぐことのない『心』。
『不動の心』を持てる人間になりたいです。

2009.01.28 01:55 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://galaxy313.blog6.fc2.com/tb.php/12-9d004845
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。