Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   2 comments   0 trackback

時計の針

人間関係。
それは、時と場合によっては時計の針と化する。

時計は長針と短針がお互いに常に和合して進んでいけば、人々にいつも正しい時を知らせることができる。
一時的に楽をしたいと思ったら遅れてしまう。
そして、長針が動かなければ短針は決して動かない。
自分が長針なら相手は短針。
1人が止まれば全体が止まってしまう。
自分がまわらないで相手に進めと言ってもそれではついてこない。
だから、まず自分が先頭をきってまわらなければいけない。
時計の長針の様に…。
スポンサーサイト

Comment

ぱんっ says... ""
なるほど。
そうなると秒針がいないと長針も動けないってことにもなるかな?
深い深い。
2009.01.28 07:17 | URL | #- [edit]
盆栽 says... ">ぱんっさん"
そうですね。
そして、動力源がないと秒針も動かないということになりますなぁ。
面白いですね☆
2009.01.29 19:43 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://galaxy313.blog6.fc2.com/tb.php/14-ceb3642f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。