Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   4 comments   0 trackback

レーゾンデートル

今日の勤務は戦争状態でした。
休憩もとれずに1日中現場だったよ。
駆け抜けました。
だからこそ、家に着いてからする晩酌は格別に美味しい。
ひとときの幸せを感じてました。

それはそうと、最近よく考えることがあります。
それは、『人は何故生きるのか』ということ。
「生きる」ということは漠然としていて答えと思える事象が難しく、ナカナカ見当がつきません。

そこで、他の生き物に焦点を置き変えて考えてみます。
例えば、ライオン。
『百獣の王』と呼ばれるライオンはその名の通り、凶悪な肉食動物です。
狙った獲物を執拗なまでに追いかけ、仕留め、その肉を食らい、また次の獲物を探す…。
ライオンの一生はほぼその繰り返しで終わります。
その一生の中にはライオンとしてこの世に生まれ落ちて成長し、子供を生み親となり、種の繁栄に寄与し、老いて生涯を終えるというプロセスも当然のごとく存在します。
そして、このプロセスを突き詰めると、要は、自らが生まれた時点でその結末と運命は決定されていて、むしろそれしか望めないとも言えそうなのです。
なので、ライオンが生きる理由、それはおそらく「それしかできないから」という捉え方が美しい表現なのだと感じます。

このライオンのプロセスは人間にも通じる点がありますが、では、人が生きる理由も同じく「それしかできないから」という位置づけになるのでしょうか。
これに関しては納得のいく答えが自分自身の中で見出せないままでいます。

ただ、人としてこの世に生まれたこと、それは、「生きた証」を残すことだと感じます。
例えば、ある人と出会う。
その瞬間に相手は自分と何らかの接点があるという関係になります。
そこで、仮に翌日自分が死んだとしても、相手の記憶や心には自分の名前や相手の中での人物像、つまり、自分という人間が残っています。
その、「相手の記憶や心に残る」ことが自分が「生きた証」になると強く感じます。

よって、「人は何故生きるのか」という命題に対しては「生きた証を残す為」ということが自分自身の中で導き出した答えとなります。

さて、このように色々と考えて答えを出したのですが、もう1つ疑問点が浮かび上がってきました。
それは、自分は何故この世に存在しているのか、自分自身の存在理由は何なのかということです。

これに関しては、まず、自分自身と向き合っていくことから始めなければ考えが進みません。

少しずつ考えて答えを見つけていきたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

ぱんっ! says... ""
そういう話大好き( ̄▽ ̄)
でもめんどくさがりなあたしはこうなる…[生きてるからにはなんらかの意味と理由がある]→[じゃあその意味と理由って?]→[そんなことわかんないけど生きてること自体そういうことなんだ]→[その理由や意味が見つかる見つからないは人それぞれだけどなんか楽しそうだしいいじゃん( ̄▽ ̄)]
…軽いな。
やっぱり飲んで語ろう( ̄▽ ̄)
2009.02.12 19:20 | URL | #- [edit]
tomoyax says... "No title"
こんな話っていいね。
今度はこれをおかずに話しましょう・・・

今つくづく思うのは出会った人をもっと大事に細く長く連絡を取っとけばよかったーと感じます。

今なら感謝の気持ちも大事なことを小出しにしてでも伝えられること、あの時、あの人にちゃんとありがとうって言っていたかったなってふと思い出したり。

生きた証って、死んだ時しか評価できないかな?
死ぬ前に検証したいな俺・・・
2009.02.14 01:57 | URL | #1nE4PKW2 [edit]
盆栽 says... ">ぱんっ!さん"
あはは♪
ぱんっさんらしいですね☆
是非飲んで語りましょう!!
2009.02.15 01:16 | URL | #- [edit]
盆栽 says... ">tomoyaxさん"
「生きた証」…死ぬ前に検証できるか?
なるほど、考えさせられますなぁ。
今度話しましょう!!
「ありがとう」の言葉を伝えること、感謝の心を伝えること、とても大切なことだと感じます。
もう過去には戻れない、だからこそ今いる人達、そして、これから出会う人達に心からの「ありがとう」を伝えていきたいですね☆
2009.02.15 01:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://galaxy313.blog6.fc2.com/tb.php/19-a9abd317
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。