Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   0 comments   0 trackback

信念

人はそれぞれ自分の信念を持って生きている。
誰に何と言われようと決して揺らぐことのない想い。
自分の信念とは一体何だろうか。
自分自身の心を見つめてみた。

例えば、舞台。
立派な芝居をするにもその陰には目に見えない力が大きく働いている。
誰もがきっと役者になりたがるだろう。
だけど、俺は陰の力になって立派に舞台を支える人になりたい。
たとえ、人の目には見えなくてもいいから。

そして、雨に日に転んでしまった人がいたらどうするか。
傘を差しながら片手だけを差し出していくのか…
たとえ雨に濡れようとも両手を差し伸べていくのか…
自分を守りながらじゃなく、もう1歩自らを捨て切って相手に心を運ばせていく。

「他人の土台になる」こと、「優しい心を相手に運ばせていく」こと。
突き詰めると、「自分を立てたい気持ちを捨て切って他人の為に…」の心を持つことが自分の信念。

この想いは一生大切にして生きていく。
『信念』は貫いてこそ『真実』となるから…
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://galaxy313.blog6.fc2.com/tb.php/22-9230402c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。