Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   4 comments   0 trackback

人が温もりを感じる時、その温もりが無くなってしまうことを考えるだろうか。
温もり、暖かさが消えてしまった世界。
とても暗く、冷たい世界が待っているのではないか。
その暗い世界でも人は生きていく。
いつか、光がさす場所に辿り着けると信じて。

道端に一輪の小さな花が咲いていました。
とても小さくて、気が付かない程の。
だけど、長い冬を乗り越えて咲いたその花はとても力強くてとても大きくて、優しく心を包み込んでくれた。
ほんの一瞬だけど、心に暖かい風が吹いた。


「ありがとう」
スポンサーサイト

Comment

tomoyax says... "No title"
私はそんな時にきっと失うことを考えません。でも失わない努力に何ができるかを考えるのだと思います。悪いことを時々考えるけど、キリがなくなってしまうよね。
先日、お店の植込みの雑草除去作業をしました。私は、ことごとこく綺麗に咲いた雑草(雑草です)をむしり捨てた・・・人は綺麗さを本来の場所になかったものと判断した時、不要なものと判断する。つまり、その箱に入る都合が良いものかどうかが判断基準なんだと思います。綺麗かどうかかではなく、その環境にマッチしているか・・・他人から見たら綺麗な物をというものも、その箱が輝く術がすべてになる時、人間の欲というか、こうしたいを優先する現実がここにあるのだと思う。

きれいなものを見て、キレイと思う気持ち、感性は失ってはいけないね。これが一番大切だね。
2009.04.18 04:14 | URL | #1nE4PKW2 [edit]
経済原論 says... ">tomoyaxさん"
人は温もりを感じたらきっとその温もりが無くなるなんて思いもしないのでしょうね。
今感じてる温もりが永遠に続くものだと信じたいし、tomoyaxさんが言うように失わない為に何が出来るかを考え、行動に移していくと思います。
自分もそうですから。
綺麗なものを見て素直に綺麗と思える自分でいたいです。
2009.04.20 02:30 | URL | #- [edit]
ぱんっ says... ""
なかなかね。思わないよね。
でもそういう温もりとかありがたいことって同時に失うことを考えた方がいいとおもう。そしたらもっとありがたいから
しかも得るものと失うことが同時に存在して生きるということであり死ぬということだから☆
見ないようにしがちだけど大事だよね
2009.04.21 08:11 | URL | #9K64Lzaw [edit]
経済原論 says... ">ぱんっさん"
なるほど、確かに同時に失うことも考えた方がありがたみが増しますね。
また1つ大人になりました☆
「温もり」最近感じてないなぁ。
まぁいつか暖かいものに触れることができると信じて生きていきます。

2009.04.25 13:45 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://galaxy313.blog6.fc2.com/tb.php/25-ad4396ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。