Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   4 comments   0 trackback

道の果て

今、自分は1人の人間としてこの世に存在している。
犬や猫、鳥や魚というように数多くの種類がある命の中で人間という生き物としてこの世に生み落とされた。
人として生きる道。
この道の果てにあるものは何か。
絶望か孤独か、それとも、充実感か喜びの世界か。
全く違う何かか。
答えは道の果てに辿り着くまではわからない。
何も無い世界だったら一体どうしたらいいのだろうか。
むしろその世界を望んでいる気さえする。
心を雲が覆っているからそんな気になるのかもしれない。
その雲は一体どこからやってくるのだろうか。

止まない雨は無いという。
明けない夜は無いという。
心を覆っている雲もいつかは晴れて、太陽が輝き始める。

そんな日がいつかやってくるから。
全ては時間が解決してくれるから。

スポンサーサイト

Comment

ぱんっ says... ""
あたしは行く先は喜びでありたいし、喜びにしたい。笑って死ぬためにどう生きるか。
それを大事にした時に、心に覆う雲を自然と晴れるのを待つ時もあれば、とりあえず雨降らしちゃう時もあるし、一時的・長期的を含めて晴れてる場所に移動する時もある。
そんなんはどうでしょう。
2009.06.02 22:31 | URL | #9K64Lzaw [edit]
tomoyax says... "No title"
雲が出始めたら傘を準備する。
雨が降ったら傘をさす。

止まない雨が無いのなら、人間にしかできない思考を高めることで、予防をすることや、濡れるのを最小限にできるのが人間の知恵です。

雲、雨、傘 人は、予測ができる生き物で、見据えることをやめては、最大限の方法を生かせないのかと思います。

今は、雲ならば、対処療法です。
晴れた時、予防線をはれるように今を存分に味わうべきです。今を大切に。自分を大切に。
2009.06.03 00:59 | URL | #1nE4PKW2 [edit]
経済原論 says... ">ぱんっさん"
喜び。
自分にとっての喜びとは何か。
それを考えてしまいます。
この雲が晴れることが喜び。
雲が晴れた先にあるものは?
先を考えるとまるで出口の無い迷路を彷徨っている感覚になります。
晴れている場所に移動するのも1つの選択肢ですね。
その場所に移動したときに今まで見えなかった何かを見出せるかもしれないですね。
2009.06.06 19:51 | URL | #- [edit]
経済原論 says... ">tomoyaxさん"
予防線をはるための時期ですか。
確かにそうかもしれませんね。
「今を大切に」
この言葉、大事にしたいです。
2009.06.06 21:13 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://galaxy313.blog6.fc2.com/tb.php/38-a5e6d08c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。