Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   0 comments   0 trackback

必要なもの

道端に咲いている花が美しいと感じました。
少し濁っている川も太陽の光を反射して綺麗だと感じました。
飼い主と散歩をしている犬がすごく可愛いと感じました。
少し暑いと感じつつも夏の匂いに心が癒されました。

物、地位、名誉、肩書き、美しさ、力…人間は色々なものを欲しがる。
あれが欲しい、これが欲しいというようにどれ程の欲求を並べたところで本当に必要なものなのだろうか。
それは自分にとって本当に必要なのか。
頭で考えるのではなく、心で感じること。
それはありのままが一番素晴らしくて、一番輝いていて、一番素敵なこと。
何一つ飾る必要はない。

この世に人として命を授かりました。
本当に必要なものはもう与えられていました。
その命を無駄にしないように一生懸命生かさせていただく、それが大切なこと。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://galaxy313.blog6.fc2.com/tb.php/50-74279fa0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。