Posted by 経済原論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 経済原論   0 comments   0 trackback

奇蹟

寒暖の差を繰り返し、確実に春への訪れを与えてくれる季節の恵み。

冬の寒さを経験しているからこそ、春の暖かさに心がほぐれ自然と笑みがこぼれる。

人間は欲深い生き物。
自らの欲望を満たす為に、何かを追い求める。

追い求めるという事は、在るという事実を遠ざける。

手が届くところには無いからこそ追い求める。

はじめから手が届いていたら、誰も追い求めることはしない。

幸せを感じたいのならば、幸せを追い求めるのではなく、幸せだと感謝すればいい。

すでに与えられている事に気付いた時、誰に強制されるまでもなく感謝に心を委ねることができる。

最初から在ることに気付き、その事に対して、心穏やかに謙虚に感謝するだけ。


手を伸ばさずとも、今ここに在る奇蹟。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://galaxy313.blog6.fc2.com/tb.php/71-78b4a75a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。